美容整形をすることで心は本当に満たされるのか?

美容整形結果に不満を抱く人も多い

綺麗になりたい多くの女性が受ける美容整形手術ですが、整形手術を受けた人の半数以上が結果に不満を抱く、との調査結果も出ています。
担当する医者の技術や経験の問題で、痛みや傷が残ったりといった明らかな失敗の場合もありますが、手術は成功していても、満足しない例も多いようです。自分の容姿を受け入れることができず、理想と現実の間で苦しむ人も多くいます。
昨今の流行はプチ整形です。二重まぶたや鼻、あごの矯正、あざやシミ・ほくろを取り除いたりと、気軽にできることが人気を呼んでいます。
しかし、大切なのは自分の顔にあった整形後をイメージして受けることです。
顔の他のパーツとのバランスを考えて受けないとバランスが悪くなり、鼻を手術したら目が気になり、目を手術したら口、といつまでたっても整形を繰り返すことにもなりかねません。
信頼できるクリニックを選んで事前にしっかりとカウンセリングを受けましょう。

プチ整形気をつけることは?

安価で簡単にできると簡単に考えて受ける人が多いプチ整形ですが、プチだからといって失敗が全くないわけではありません。技術的な失敗だけでなく、手術の向き不向きや気をつけるポイントなどもあります。
パッチリとした目に憧れて受ける二重まぶたは、場合によっては目元がデコボコになることもあります。また、まぶたの厚い人には向きません。不自然に腫れた目になってしまいます。
レーザーによるシミ取りは、完全にシミがなくなるわけではありません。40%くらいのシミは同じところに再発します。体の部位によってもシミの取れにくいところがあります。シミの種類によっても違いがあり、肝斑というシミはレーザーでは取れません。
ヒアルロン酸は体内に吸収されるはずですが、実際には混ぜ物も多く、後で皮膚がでこぼこになりやすいという結果が出ています。注入量や医師の技術の問題もあって、思った通りの結果にするのはなかなか難しいようです。

美容皮膚科と一般的な皮膚科の違いを説明します。皮膚科では、皮膚の炎症の治療や吹き出物の治療をします。美容の方では炎症や吹き出物の治療も行いますが、治った後の跡やシミに対しても治療をしてくれます。