崩れたりしない?美容整形をした経験者の声

プチ整形なら崩れる心配はほとんどない

最近の美容整形は、非常にお手軽な手法を使うようになっています。昔のように顔にメスを入れるということは、実はあまりされなくなってきているのですね。技術が進歩して、メスを入れなくても効果的に顔の修正ができるようになったのが大きいです。目元の手術も、ほとんどの場合でメスを使う必要はありません。ですから、その後崩れてしまうということもないのです。二重にするだけなら、埋没法と言って糸でまぶたを留めるだけです。崩れる心配はありませんし、嫌になったら抜糸をすれば元に戻せます。鼻を高くする手法も、今ではヒアルロン酸の注入で簡単に可能ですし、効果が数年で消えてしまうというデメリットはあっても、プロテーゼ挿入法のように崩れてしまう心配はありません。

バストも自然な形に整えられる

形が崩れないか心配というのは、豊胸手術を受けた人に多い悩みですよね。確かに昔は、医療用のバッグを挿入するだけだったので、形が崩れてしまうこともありました。しかし、最近はそうした手法はあまり使われなくなってきています。今なら、自分の脂肪を培養して、それを注入する手法などが選べます。この手法を選択すると、非常に自然なバストの形になるのでおすすめです。もちろん触り心地におかしな点も生まれませんし、将来的に形が崩れてしまうということも防げます。医療用バックがあるとどうしてもしこりができたり、メンテナンスの必要が出てきますが、この方法なら放置しておくだけでも大丈夫です。もちろん危険性はほぼありませんし、傷跡も残りにくいです。

脂肪吸引は美容整形の一つで、痩せたい部位に筒状の器具を使って吸い出し、効率的に脂肪を減らす方法です。